スパニッシュモス 育て方

スパニッシュモス(ウスオネイデス)育て方

オシャレな部屋のマストアイテムになりつつある「ウスオネイデス」
見た目以上に、ワサワサした感覚に癒されます。

スパニッシュモスは、空気中の水分を吸って成長します。
土がなくても育つエアプランツのチランジアの一種です。
パイナップル科の植物で、春に小さな花を咲かせることもあります。
ボリュームアップして育つこともあり、楽しみをくれます。
和名で、サルオガセモドキとも呼ばれます。

管理場所・日当たり

ほぐしながら、小分けにして、窓際の風通しいい場所、お風呂場につるすなど、アレンジが可能です。
週に2回、霧吹きで水をかけると、元気になります。
丸めて置くよりも、つるしたり、ふわっと流すように置いてください。

季節の管理
冬の管理
 寒さには強いほうですが、雪や霜には耐えられません。
 冬は室内で管理します。窓辺や極端に温度の下がる場所は避けます。
 乾燥したエアコンの風が直撃しないようにしましょう。

春の管理
 風通しの良い場所、明るい場所が適しています。2つに分けて、「屋内」と「屋外の風通しのいい場所」とを1か月交代で置くという人もいます。

夏の管理
 温度が高くなったら、霧吹きの回数を増やしてください。

水やり
週に2回を目安に、霧吹きで水をかけてあげましょう。
夏に気温が高くなったり、乾燥がちな場所の場合、コンディションをみて回数を増やします。

肥料
スパニッシュモスの肥料は、夏はハイポネックスなどの液肥を2000倍に薄め、霧吹きで吹きかけることもできます。

生長に合わせて
生長期の春から夏に育ちます。
小さな株の集合体なので、大きくなるときに、茶色くなった古い組織が自然と落ちていきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です